めざせ!雪だるま FP社長のひとりごと

FP社長のブログ 雪だるまのように自然と財産が大きくなることを日々夢見て頑張っています!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

海外投資不動産視察 フィリピン編1

0
    フィリピンという国のイメージを聞いてみると・・・・

    「危ない」 「怪しい」 などなど いいイメージをいう人は少ないですね。

    でも経済指標でみてみると

     平均年齢は23歳、人口は1億人を突破し毎年400万人くらい増えています。 そして今後も増え続けます。
      (ちなみに静岡県の人口は370万人くらい)

     安定的なインフレをベースに人口増加や所得の増加で資産価格も上昇を続けています。

     バブルという声も聞きますが、日本の高度成長期の様に人口が増え、所得が上がり、少しでもいい物をほしいという実体経済の強さを感じる経済環境です。

     おまけに大部分の人が英語を日常会話として使える、日本人にはないコミュニケーション力を背景に英語圏企業が多く進出しています。

    ということで、百聞は意見に如かず 飛行機で 3時間半くらいの国へ行ってみました。

    フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)





    フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本 (Asuka business & language book)





    不動産 | permalink | - | -

    海外投資不動産視察 ベトナム編2

    0
      30度を超える暑さの中、ホーチミン市内を歩き回り経済の力強さを感じた翌日は、いよいよ物件実査です。


      南シナ海に面する白い砂浜が続くビーチ。ここがリゾート開発地です。


      このままでもいいくらいののんびりとしたビーチです。



      この写真は開発会社のオフィスにあったジオラマですが、ジオラマのようにこのビーチにホテルやコテージが建設されていく予定です。


      開発会社代表のMr,SONが自ら現地で説明をしてくれました。ハーバード卒シティバンクのアジア代表など輝かしい経歴でNHKでも紹介された人物です。 この翌日は終日、近辺のリーゾト地を案内してくれました。
      とても気さくな方です。

      投資はホテルの1室を13万USD〜、ホテル収益が投資家に分配され一定の泊数は所有者が利用できます。

      2年間は5%保証、その後は実績配当ですがホテル稼働率にもよりますが、利回りは10%程度を期待できるようです。


      カントリーリスク、開発リスクも当然に考慮しなければなりません。

      ただし、円以外への分散投資、マネーリターンだけでなくマイリゾートホテルで余暇という金銭ではないリターンを楽しむことができる物件ですね。

      余暇をマイルームで過ごし、おこずかいは投資の配当を現地銀行に貯めておき現地で使う・・・なんていう投資もできそうです。

      ご興味ある方は、相原までご連絡ください。


      ベトナムのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)



      ↑ベトナムの事がよくわかるマンガです!
      不動産 | permalink | - | -

      海外投資不動産視察 ベトナム編1

      0
        昨年(2016年)11月にベトナムに不動産投資物件(リゾートホテル)の視察に行ってきました!

        ホーチミンには羽田からのJAL便で早朝着、空港でタクシーを拾い約30分ほどで街の中心部です。
        class="pict" />
        中心部のドンコイ通は綺麗な街並みです。


        街中は、道路拡張工事や鉄道敷設工事など建設ラッシュ、日本のゼネコンも頑張っています。



        ホーチミン市内で最も高いビテクスコフィナンシャルタワーからの眺望。建築中の高層ビルまだまだあります。



        夜もお祭りでもあるかのように多くの若者が街に繰り出しています。



        フランスのワインが飲めるおしゃれなレストランもたくさんあり、どこも混んでいます。



        初日は30度を超える暑さの中、駆け足でホ−チミン市内を廻りました。



        バイクの数、人の多さ、若者の多さ、経済的活況を肌で感じることができました。






        ↑海外に行く時のホテルはこのサイトから予約する場合が多いです。

        不動産 | permalink | - | -

        残したい建物 次郎長の生家

        0
          京都・奈良などで代表される歴史的建造物は、いつの時代の人が見ても風景にマッチした素晴らしいものですね。

          ただ、そこまで行かなくても地域地域の生活に根差した建造物があると思います。

          でも、そのような残しておきたい建物でもその保存には現実問題として資金難に直面するようです。


          今、面白い企画が進行しています。 全国各地の「残したい建物」に投票して、グランプリを獲得(得票トップ)した建物に耐震や立替のファンドを組み、保存活動に協力する・・・という企画です。

          この企画で、まだまだ全国に「残したい建物」があるというのがわかります。 グランプリを獲るという以外にもいろいろな気づきを与えてくれます。

          その中で、静岡の友達たちが「次郎長の生家」をグランプリに!!と熱い運動を展開しています。

          言わずと知れた清水の次郎長の生まれた家です。

          ご興味ある方は、ぜひサイトにアクセスして、「次郎長の生家」に「いいね!」してください!!

          ↓↓ここでアクセスできます↓↓
          あなたの残したい建物コンテスト
          不動産 | permalink | - | -