めざせ!雪だるま FP社長のひとりごと

FP社長のブログ 雪だるまのように自然と財産が大きくなることを日々夢見て頑張っています!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

有事の円買いって本当??

0
    昨日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し今回は日本の上空を超え太平洋に着弾したようですね><

    欧州の国々では、様々なテロが身近に起きていますが日本も安穏とはしていられない状況かもしれません。

    平昌や東京のオリンピックに打ち込むなんて威嚇されたらどうなるのか!? 心配です。


    ところで、ミサイルを向けられミサイルが頭上を超えていった国の通貨が上がる、なにか腑に落ちない感じです。

    一部には、「有事の円買い」と決まり文句のように言われますがやはり納得できません。

    大衆紙やコピペ系記事以外のエコノミストの意見も様々な意見がありますが最も納得できたのが以下のような解説です。

    ・超低金利(マイナス金利)状況の日本で資金調達し、海外の高金利債権などに投資するファンド等が万が一を想定し一部運用を手じまいし円に戻して返済に備えた

    ・一部短期筋が単に「避難通貨」とお決まりの言葉から円買いに動いた

    このあたりが自分で納得のいく解説でした。


    ミサイルを頭上を超えた国に避難する? 変な話ですね。


    冷静な経済分析に対し思考停止状態の短期投機家は常に存在します。

    こういう時は急な動きに左右されず冷静に長期的視野で投資チャンスを待ちたいですね。




    運用 | permalink | - | -

    こんなに違うぞ 外貨預金

    0
      毎月第1、第3火曜日にFM-Hi76.9Mhzのひるラジ!静岡情報館 で12:10頃より生放送で投資の事などなどの話をさせてもらっています。


      本日、4月18日の放送は「知って得する 外貨購入 後編 」です。

      ポイントは比較です。


      そこで調べてみると、

      米ドル1年定期預金の金利は1.5%〜0.3%とかなりの差があります!

      為替手数料では1砲砲弔、0.05円〜1円とこれもまたかなりの差があります!


      仮に 1法瓧隠娃葦澆了に 100万円を1万ドルに変えると
            
         為替手数料0.05円と金融機関では500円、1円の金融機関では10,000円となってきます><


      これを100万円相当の米ドル投資で、円からドルにしてドルから円に戻した場合には、19,000円もの差がでます。


      為替手数料 1烹臼澆龍睛撒ヾ悗蓮地方銀行などで多く、ネット系では為替手数料を安さで競っているのが現状と思われます。


      ただ、為替手数料が安くて金利も低い金融機関、為替手数料が高くても金利も高い金融機関もあります。

      となれば、為替手数料と加味して金利を比較すれば、どこの金融機関で外貨預金をすれば良いかはわかってきますね。


      外貨預金をする場合には、為替動向以前に為替手数料も加味した金利比較をするだけでも投資成果に差が出てきます!

      比較は重要ですよ!!


      全国各地のコミュニティーFM番組は、インタネットサイマルラジオでも聞けます

      http://www.jcbasimul.com/
      運用 | permalink | - | -

      これが私の投資の基本(2)

      0
        前回の「これが投資だ!?」では、「配当も入りつつ値上がりもしてさらには割安な投資対象に投資したいのです。」書きました。


        当たり前!と思われるでしょうが私がこの30年に出会った方々ほとんどの投資行動はこれとは別物であったと思います。


        でも、これができている人は株式にせよ、不動産にせよ、事業にせよ、少なからず成功している!と思います。


        多くの人が現在価値を考えず、バラ色の将来価値だけを考えます


        今の価格が現在価値とは限りません。 

        皆が欲しい欲しいと殺到すれば現在価値よりも価格は高騰します。



        いくらいい投資対象でも割高で買えば上がっても利益は少ないはずです。


        逆に売りが殺到し現在価値以上に値が下がっている時に投資をすれば現在価値に戻るだけで利益は出ます



        ウォーレンバフェットの盟友チャ−ルズ マンガ-は、<strong>「マ−ケットは躁うつ病だ」と言っています。


        良い時はハイになりすぎ、悪い時はローになりすぎる、という意味だと思います。


        株にせよ、不動産にせよ、新規事業にせよ、しっかり冷静に投資対象を選別し投資のタイミングを測りたいですね。


        ↓↓  参考になる本です! 完全な投資家になりたい方はぜひ!!  ↓↓

        完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録 (ウィザードブックシリーズ)









        運用 | permalink | - | -

        これが私の投資の基本

        0
          株式投資を始めてから30年になります。

          そこでふと、自分の投資の歩みと投資に関する考えの変遷を振り返ってみました。

          大学で興味本位で投資のゼミに軽い気持ちで入ってみました。

          過去の株価動きとその経済事象や社会心理との関係をウィンドウズ前の立ち上げだけでも時間のかかるDOSパソコンで分析していました。

          未来はわからない、ただ過去の動きを分析することで未来を少しでも高い確率で予測する・・・こんなテーマだったと思います。


          バブル崩壊の足音が近づいていたことも学生にはわからず、まだブームだった金融志望で信託銀行に入社、そして、証券アナリストの勉強を始めました。

          これは経済理論の基本から財務分析等々・・会社そのものの価値を測る勉強だったと思います。


          そんなこんなで失敗もたくさんしましたが、社会に出てからは株式だけでなく不動産等々いろいろな投資を実践・経験してきました。

          そこで今の私の投資判断基準は・・・

          ^堕蠅靴織ぅ鵐ムゲイン⇒インカムゲインを投資元本の回収と考え価格下落による実質的元本毀損リスクが軽減する


          ∋続的キャピタル成長⇒キャピタルゲイン、当然ですね。投資対象の価値上昇期待は。


          マーケット価格とのかい離⇒期待する将来価値から割り引いた現在価値が市場価格より割安か?(どんないい物でも割安で買わないと投資の意味は半減)


          ようするに配当も入りつつ値上がりもしてさらには割安な投資対象に投資したいのです。


          これが私の基本です。 でも、簡単にはいかない! 

          だから、それを探し(分析)続ける楽しみがあるのです^^






          運用 | permalink | - | -

          株式投資の王道とは

          0
            株式相場が乱高下しています。  こんな時こそ、基本が大事!!と思っています。

            前回紹介しました
             阿部修平著 幻冬舎刊 には、いろいろと参考になる記述がありました。

            そのあたりを拾ってみます。

            株は「兵器」だ!  有用性と危険性をが表裏一体として持っている。その有用性だけを活用するためには、兵器の基盤を支えている原理原則を深く、正しく体得する必要がある。


            株式投資とはギャンブルではなくビジネスである。会社経営者が自社の事業戦略と成長力の強化に必要な会社を見つけて、それが割安であれば会社を買うのと同様に投資家今後成長するであろう会社を見つけてそれが割安な株価であれば買うべきなのだ!


            まだまだありますが、この辺りが私が共感した点ですね。


            ただ、その割安な株を探すのが至難の業ですが、少なくとも営業マンや週刊誌等に影響されるヤマ勘投資を繰り返すよりはずっとましです。



            しっかりとした企業分析や割安株をみる指標等々・・・・・しっかりと勉強していきたいですね。


            株しかない



            運用 | permalink | - | -